2児ワーママ★ハレバレちゃんの資産運用~選択肢の多い人生を!~

★共働き×投資×家計×個人資産=HAPPYLIFE!★2人の男の子を育てるワーママが家族資産3000万円と個人資産1000万円を目指すブログです

【家族資産】30代共働き+2児の2020年家族資産計画~家計簿編~!!

f:id:tenkiharebare:20200123042412j:plain

2020年の家計簿の予算を組んでみます。

2019年の反省を生かしつつ、2020年のイベントごとを考慮して作ってみました。2020年の月締めの家計簿では予実差も言及できればなと思います!

 

 

家族構成等、基本情報

  • 30代共働き(フルタイム)
  • 年中と0-1歳児(保育園)
  • 家は賃貸(家賃補助あり)
  • 車は2台所有
  • 夫婦弁当持参
  • 給与は収入ベース(手取りではない)

 

2019年の収支まとめはコチラから

www.tenkiharebare.work

 

収入 10,892,565円 - 支出 8,203,228円 = 2,689,337円

貯蓄率 24.7%

 

2019年は250万以上の貯蓄に成功しました。一応、出産に伴う休職も終わりましたし(3人目の予定なし)、この先はずっと共働きでガンガン貯蓄モードに突入です。子どもが小さい今がチャンス!

 

2020年の収支まとめ(予算)

 

収入 9,630,000円 - 支出 7,317,500円 = 2,312,500円

貯蓄率 24.0%

 

昨年に引き続き200万円以上の貯蓄を目指します!

 

理想はハレバレちゃんの給与まるごと貯蓄→投資なのです。全然出来そうにないですね。うーん…?

費目ごとに見ていきましょう。

 

各項目チェック

収入9,630,000円(2019年実績10,892,565円)

昨年より100万円ほど少ないのですが、残業代や出張代を除いたベースだとこれくらいかと思います。あとは親族から子どもにもらえるお金とか、なんだかんだの臨時収入とかが昨年はありましたので、予算としてはこのくらいにしました。

 

食費600,000円(2019年実績 678,331円)

月ベースで50,000円です。

ここには純粋な外食代が含まれます。(旅行時の外食は趣味娯楽費で計上)

 

<目標・気を付けること>

  • ドラッグストア→スーパーの順での買い物を定着させる(パン牛乳納豆等はドラッグストアの方が確実に安い。)
  • お菓子の与えすぎに気を付ける(あるものをきちんと食べ終えてから。)
  • でも疲れた時は手抜き(惣菜、テイクアウト、外食)も必要
  • 切り詰めすぎてイライラしないこと

 

日用品180,000円(2019年実績195,315円)

洗剤類からオムツ、おしりふき等の子どもの消耗品です。

 

<目標・気を付けること>

  • ネットでのまとめ買いを意識してみる→送料込みだとドラッグストアの方が安いので、送料無料になるまでまとめ買いをする工夫

 

趣味娯楽170,000円(2019年実績199,110円)

昨年は国内宿泊旅行を2回しています。今年も昨年同様に計画しました。

まだまだ陽くんは費用が掛からないので助かります。公園などローコストの遊びもしつつ、色々な遊びもしたいですね。

 

交際費600,000円(2019年実績731,380円)

お小遣い42万円(月1.5万円+賞与)、結婚式参列2回

ここは行事に左右されるので難しいところです。すでに結婚式の連絡が2件ありましたので、それは予算に積みました。1件は遠方なので飛行機代やホテル代もかかるかな…。

 

交通費0円(2019年実績58,420円)

車社会ですので基本的には考慮しません。

 

衣服・美容120,000円(2019年実績193,495円)

衣服については少し断捨離したいです。ブランドものもないですし、売れるようなものはないので捨てるのかな…。

美容については30代ですしあまり手入れしないのもどうかと思いますし、難しいところです。産後、白髪がものすごく増えたのが悲しい…。皆さんどこまでお金かけてるのかなぁ…。未だに基礎化粧品も化粧品も答えが出てない女子力(?)低めおばさん…。

 

健康・医療120,000円(2019年実績241,044円)

曇ちゃんの今一つ効果の感じられなかった整体(腰痛)がなくなったので、今年は減るはずです。その代わり?ですが、私は乳がん検診(自費)を受けようと思っています。メンテナンスしたい。

 

自動車700,000円(2019年実績579,592円)

去年は車の大きな修理が2回もありましたが、今年はなんと2台とも車検…。2年に1回の大出費です。車社会は大変です。

あとは帰省に伴うガソリン代と高速代も2回分(6万円!)計上しています。

 

教養・教育770,000円(2019年実績948,952円)

  • 曇ちゃんの奨学金返済が完了
  • 太ちゃんの保育料が無償化
  • 陽くんの保育料は恐らくアップ(収入の見直しによりランクアップしそう)
  • 太ちゃんの小学校準備?

年長になると思っていたら、なんと小学生の準備だよと同僚に言われ、びっくり!確かにランドセル決めるのも早いと噂で聞きました。多分ランドセルなどの大物はじじばばが買ってくれると期待していますが…。

 

特別支出100,000円(2019年実績263,160円)

家具家電などを想定。ないことを願っています。

 

現金・カード0円(2019年65,068円)

PayPayチャージはここになるのですが、それは食費や日用品等に積んでいるのでここでは予算化しません。

 

水道光熱費240,000円(2019年実績240,331円)

同額を想定

 

通信費160,000円(2019年実績159,325円)

同額を想定

 

住宅715,000円(2019年実績713,451円)

同額を想定

 

税・社会保障2,060,000円(2019年実績1,820,400円)

ハレバレちゃんの給与アップに伴い納税・社会保障額アップ。(そういうのが引かれない育児休業給付金ありがたいですよね。)

 

保険662,500円(2019年実績859,732円)

うち、陽くんの学資保険55万円

生命保険は月2.5万円から0.8万円に見直したはずです。まだ反映されていませんので不安ですが…。確定したらまとめます。

 

その他120,000円(2019年実績256,122円)

仕事雑費がここに含まれています。給与から駐車場代やら親睦会費やら色々引かれているのはまとめてここに入れています。給与明細こわい。

 

 

反省と今後に向けて

予算組むの難しいですよね。昔、独身時代にも予算組んでいたのですが結婚して子どもも増えると不確定要素が爆発的に増えて、あと自分の努力でどうにもできないので、予算組まなくなりました。久しぶりに作ったのですが、変に凝り性なので実績見たり、他の子育て世代の方の家計簿を見たり、頭から煙出そうでした(笑)あまり予算を作ることはオススメしません。

しかし、「この費目はここを意識する」とか「今年はこういう大きな出費がある」ということは押さえておいてもいいと思います。

 

2020年の家計簿公開の記事にはこの予算も一緒にチェックしていくことになりますので、お楽しみに~♪