2児ワーママ★ハレバレちゃんの資産運用~選択肢の多い人生を!~

★共働き×投資×家計×個人資産=HAPPYLIFE!★2人の男の子を育てるワーママが家族資産3000万円と個人資産1000万円を目指すブログです


【ワーママ】コロナ対応を受けて改めて保育園に感謝したい!


f:id:tenkiharebare:20200303124432j:image

私は4歳児クラス(いわゆる年中)と0歳児クラスに男の子を預けています。
今日はただただ子どもたちを預けている保育園への感謝を綴りたいと思います。

  

 

 

新型コロナウイルス感染防止の保育園対応に感謝

小中高校の3/2からの臨時休校で日々の生活に影響が出ている方は少なくないと思います。共働き家庭では日中の子どもの過ごし方について色々と思案されていることでしょう。職場にも対象の子どもがいる方もおり他人事ではありません。学童保育を利用する、ジジババに頼る、子どもたちだけで過ごす、と三者三様のようです。

 

一方で、保育園は今のところ休園ではないということで安堵している方も多いでしょう。我が家も保育園が預かってくれることで通常通りの仕事が出来ています。

 

そんな中、保育園でのコロナウイルス感染防止対策として先週末に案内がありました。

まとめると以下のとおりです。

  • 0~2歳クラスと3~5歳クラスの出入口を分け、保護者は玄関で子どもを引き渡し
  • 併設する支援センターは休止
  • 全学年、毎朝の検温、機嫌、お迎え時刻を記入した用紙を提出(0歳クラスは元々検温を連絡帳に書いていたが追加作業となる)
  • 卒園式は年長と保護者2名まで30分で終わらせる(当初は年中による歌発表あり)
  • 4/1の入園式は中止
  • 外部講師を呼んでの特別教室(英語教室など)はすべて中止
  • 一時間に一度全ての窓を開けて換気
  • 職員のマスク、アルコール消毒の徹底

 

とのことです。

保育に関しては「育休中や小中高校の休校に伴い自宅待機や自宅勤務等で保育が可能な方は協力をお願いします。ただし仕事の調整が難しい場合は遠慮なくお預けくださいね。」との言葉があり、その細やかな配慮に頭が下がります。

 

先生の子どもたちへの指導にも感謝

1歳9ヶ月の次男はよく理解してないでしょうが、5歳の長男は先生から説明を受けているようです。今まで何度言っても雑な手洗いをしていましたが、金曜日の帰宅後に「こうやって指の間、爪、手首も洗うんだよ~!見て~!!!」とドヤり顔。咳の仕方も手で覆うのではなく、袖で隠してするのだと教えてくれました。

 

たくさんいる園児にエチケットの説明をして、送り迎えのルールの変更も理解できるように説明をする先生に感謝しています。

 

子どもも「コロナ?コロナ?」とニュースで耳にするたびに保育園で聞いた言葉と同じだと反応しています。

 

 

仕事を調整して先生のご負担を軽減したい

私は本当に今の保育園に、保育園の先生たちに感謝をしています。

長男は2歳児クラスから入れていますので、2歳1ヶ月まで家で見ておりましたが子どもを見るのは本当にエネルギーを使います。エネルギーは公園ではしゃいだり、子どものテンションで歌を歌ったり、絵本を読んだりすることもそうですが、ケガや事故をしないように神経を使うこともエネルギーを使います。食事の偏りがないように気を配ったり、色々な体験(水遊び、クッキング、自然遊びなど)をさせたいとイベントに参加したりと私なりには頑張りましたが、私は子育てのプロではありません。子どもと同じ年数だけの新米ママです。「これで合ってるかなぁ」とか「このテンションしんどいなぁ」とか色々と思いながらやってきました。

 

子育ては人それぞれ感じるものが違いますし、正解もない(すぐに出るものでない。)のですが、私にはなかなか難しかったです。

 

今の保育園は育児ストレスを抱えた1歳手前で併設する支援センターに行くようになってからのお付き合いです。

園に入ることになる前から息子の顔と名前を覚えてくれていた先生方。どの先生も笑顔が素敵で担任じゃなくてもよく息子のことを見てくれています。

 

昨年、長男が園庭でこけて骨折した(息子の不注意です。)ときも会う先生会う先生に謝られて、なんだかこちらが申し訳なくなったくらいに、愛情をもってくれていると感じています。

 

そんな先生方が刻々と状況の代わる新型コロナウイルスに対応しようと検討されているわけです。親としてもただただ預けて終わり、にはしたくないなと思うのです。

 

私に出来ることとはこの感謝の気持ちをちゃんと伝えることと、仕事を調整して休むことくらいなのですが。マスクの予備はまだあるとのこと。保育園で足りないものがあればと思っていますが、我が家もマスクはない…。

 

とりあえず、仕事の調整がんばります。(職場に迷惑をかけて休むという意味ではありません。)

 

 

まとめ

多くの方が今までの生活からの変更を強いられていると思います。子ども目線なら学校に行けない、行事がなくなった。遊べない。親目線なら仕事に行けない、働き方に制約が色々できた。消費者目線なら、マスクが足りない、なぜかトイレットペーパーやオムツ、生理用品が足りない。事業者目線なら、営業停止や売上減少、顧客対応(クレーム対応)…。

 

いろんな方がなんとか終息を願って神経をすり減らし、踏ん張っています。

 

このブログは投資運用について主に書いていますので、連日の株価の動きにも翻弄されていますが、それはそれということで。(慌てふためいても仕方ないということもあります。)

 

自分の周りにいる人の日常を大切に、感謝を忘れずに過ごしたいなと思います。大変な思いをしているのは自分だけじゃない、そのことを忘れずにいたいですね。

 

 

★クリック(応援)していただけると嬉しいです★ 

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ   にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ

Betmob|投資家ブログまとめメディア