2児ワーママ★ハレバレちゃんの資産運用~選択肢の多い人生を!~

★共働き×投資×家計×個人資産=HAPPYLIFE!★2人の男の子を育てるワーママが家族資産3000万円と個人資産1000万円を目指すブログです


【iDeCo】2020年4月現在の資産公開~コロナ禍で収入不安定の方は掛金の変更を早めに!!~


f:id:tenkiharebare:20200419192532j:image


ハレバレちゃんと曇ちゃんが掛けているiDeCoについて、2020年4月現在の残高を報告します。まだ始めたばかりなので額は小さいですが、いつか大きな実になる日を夢見ています。 

 

 ★先月(2020年3月)の記録はこちら★

 

www.tenkiharebare.work

   

さてさて、今月はどうなったでしょうか?

 

iDeCoスケジュールの確認★

 *******************************************
2020年3月26日:掛金引落日
2020年4月13日:拠出日
2020年4月14日:商品購入手続き開始日(※1)
2020年4月16日以降、商品の購入手続きが完了次第、ご資産残高に反映します。お客様がご指定なさっている商品によって反映日が異なりますので予めご了承ください。(※2)
尚、購入手続き開始以降ご資産残高に反映するまで一時的にご資産は「待機資金」として表示されます。
*******************************************

  

★ハレバレちゃんiDeCo

毎月23,000円を積立。13ヶ月目。SBIセレクトプラン。

開始月:2019年5月~

投資額:260,000円

評価額:244,017円(▲15,983円)

利益率:▲6.1%

前月比:+26,964円

 

f:id:tenkiharebare:20200421043235p:plain


かなり改善されました!!

 

先月は-18%でしたからね…ヒィィィィとなっていましたけど、ダウが今のところ強く戻していますからね。

 

先月の私のコメント

というわけで、新興国株式の積み立てた資金はすべて全世界株式とし、新たに50%をeMAXIS slim 米国株式(S&P500)にしております。こちらも暴落が始まってからの購入なので、奇跡的にプラスでございます。来月にはマイナスになっているでしょうけれど…。

 

なんとS&P500はマイナスにならずにさらに含み益は増えました。

 

 

f:id:tenkiharebare:20200302190305j:plain  <いや、もう相場読めんわ(ありがたい方向ではあるけど!)

 

 

★曇ちゃんiDeCo

毎月12,000円を積立。23ヶ月目。SBIセレクトプラン(←SBIオリジナルプランから変更)

開始月:2018年3月~

投資額:312,000円

評価額:380,082円(+68,082円)

利益率:21.8%

前月比:+57,724円

 

曇ちゃんは公務員なので12,000円が満額ですね。コツコツのんびり…(のんびりすぎる?)増やしていきたいです。

 

f:id:tenkiharebare:20200421043758p:plain


前回は移管金が「待機資金」としてまだ買い付けされてなかった分が、どうやら買付完了していたようです。

iDeCoはこの1ヶ月に1回のタイミングでしかログインしないので、全然わからないんですよね。(だがそれでいい。)

 

 

f:id:tenkiharebare:20200421044511p:plain

 

約定単価を見ると、S&P500の価格が上昇していることがわかりますね。やっぱり移管のタイミングが天才すぎました。(自画自賛/たまたま)

 

iDeCoの掛金額の変更や拠出停止も時間がかかるかもしれない!?コロナで収入が減る方は要注意★

 我が家は会社員の私が23,000円、公務員の夫が12,000円と満額でやっています。

昨今の新型コロナウイルスで思ったこととしては、収入が不安定または雇用自体が不安定の場合、iDeCoは適切なのだろうかということです。

 

iDeCoは「掛金額の変更」や「掛金の拠出停止」も出来ます。積み立てるのが厳しいときは変更することは可能です。しかし先日、プランの移管のときに感じた「時間がかかりすぎる」この点がとても気になるのです。

 

iDeCoは原則、現金化が出来ません。(60歳以降は可)

 

新型コロナウイルスでは特に自営業者へのダメージが大きいと考えられています。政府も自営業者への支援策を色々と考えているようですが、それがどこまで効果があるのか私にはわかりません。

 

そんな中で、「自分で年金を作ろう!」という趣旨であるiDeCoの掛金はなんと月額68,000円まで可能です。

公務員の12,000円とは比べ物になりません。

 

 

 

iDeCoは原則、現金化が出来ません。(大事なことなので2回言います。)

 

急に「もうiDeCoしてる場合じゃない!!!!」と思ったときにすぐにその対応が出来るのかという点が気になります。

 

私も以前、掛金を10,000円から23,000円に増額したことがあるのですが、その時はもちろんタイミングの問題もありますけど、書類申請してから実際に変更されるまで2ヶ月(2回分)掛かったような記憶があります。

 

目の前の問題が山積しているであろう状態で、果たしてiDeCoの対応をするところに気が回るかが心配ではありますが、コロナの影響がいつまでどのくらい及ぶのかが未知数である今、早めに動かれることをオススメします。

 

★まとめ★

 

我が家はありがたいことに収入が減る可能性はあれど、まだ反映されておらず、雇用に関してもほぼ安泰だと思っています。それはもちろん感謝すべきことだと今のこの不安だらけの日々において感じます。

(もちろん営利企業や自営業者が儲けられる、収入が劇的に増える局面では全く伸びしろがないというデメリットはあります。念のため申し添えておきます。)

 

よって、我が家のiDeCoの方針は変わらず満額積立。

淡々と毎月決まった額を積み立てる。節税の恩恵を受ける。その繰り返しです。

 

しかし、上記で述べたように現金化できないというiDeCoのデメリットすぎるデメリットがありますので、もし今後が不安だな、より保守的に資産運用・資産管理していきたいなと思われる方はぜひ早めに動かれてください。

  

 

 

★クリック(応援)していただけると嬉しいです★ 

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ   にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ

Betmob|投資家ブログまとめメディア